>

歯を健康に保つための日々の取り組み

日々の取り組みから始めよう

「8020運動」という言葉があります。
これは、「80歳になっても、自分の歯が20本残っているように保つ努力をしよう」という目標のことです。
しかし、これを保つのは大変なことです。
何より大事になるのは、日々のブラッシングです。
歯は食事やお菓子などを食べたらその都度ブラッシングが必要ですし、ブラッシングするにしても、自分の口の大きさに応じて適切な大きさの、そして、歯茎を傷つけないような基本的に柔らかめの歯ブラシを用いて行い、順番に丁寧に磨いていきます。
当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、基本的に、虫歯になってから治療に行っても、現状の治療では削るケースがまだ多いため、それだけで自分の歯にダメージを与えてしまい、長い目で見ると、どうしても歯には負担を掛けて、8020の実現が遠ざかってしまうのです。

予防治療という考え方を知る

「予防治療」という考え方についても紹介しておきたいと思います。
これは、歯科治療の考え方の最新と言えるもので、どういうことかと言うと、歯科治療を受ける前に、予防を積極的に行って、治療を受ける前に虫歯や歯周病を防いでいこうという考え方のことを示しています。
具体的な例を挙げていくと、例えば、先に挙げたように「ブラッシング」、それも「順番を決めて、丁寧に、口の中を傷つけないようなブラッシング」を毎日食事のたびにおこなうことが大事であり、そして、それ以上に大事なのは、歯医者に行って定期的に「歯石」を取ってもらうことです。
歯石とは、歯にくっついて残るカスのことで、歯垢と似ていますが、更に強くこびりついているものです。
相当念入りに行わなければいけないため、やはり歯医者で行ってもらうのが一番です。


この記事をシェアする